ようこそ 伊豆の旅館なら平鶴

ブログ 平鶴のお得な情報をお届けします

ご宿泊料金とご予約はこちらをクリック

5/26 南あたみ和太鼓まつり

5/26(日)、南熱海マリンホールにて「第五回南あたみ和太鼓まつり」が開催されます。
静岡県・神奈川県の各地より、和太鼓の伝統文化はもとより、地域活動にも積極的にかかわる4団体、高校生チーム2団体による公演です。
入場無料!「和太鼓の迫力、感性豊かな音色、エネルギッシュな演奏」を観て・聴いてください!
当日は公園内に、飲食の出店も並びますので、お気軽にご来場ください。

<スケジュール・出演団体>
12:00~ 開場
12:30~ オープニングセレモニー
12:40~ 豆州網代太鼓 (熱海市)
13:00~ 伊東囃子保存会 (伊東市)
13:30~ 伊豆総合高等学校郷土芸能部 (伊豆市)
14:00~ 相洋高等学校和太鼓部 (小田原市)
14:30~ 湘南打樂たまゆら (平塚市)
15:00~ 天城連峰太鼓 (伊豆市)
15:45  終演

長浜海岸でアクアスロン 全国から170人が参加 スイムとラン競う


 水泳とランニングのレース、第7回南熱海アクアスロン大会(日本国際オープンウォータースイミング協会主催)が5月19日、熱海市上多賀の長浜海浜公園で開催、東京都や神奈川県、愛知県などから170人の選手が参加。スイムとランでタイムを競いました。

五輪競技のトライアスロンは水泳、自転車ロードレース、長距離走を続けて行う競技。そのうち自転車ロードレースを除いたものがアクアスロンで、高価な競技用自転車を揃えなくても行えることから競技人口が年々増えています。

「ショートアクアスロンの部」(53人)はスイムが多賀湾に設けられた500mの特設コースを1周、ランニングが長浜海浜公園の2500mのコースを2周します。「ロングアクアロスンの部」(107人)は同じコースを使い、それぞれ3周と4周した。参加者は自身の体力や年齢に合わせ、部門を選んでエントリー。リレーの部には7チームが出場しました。

選手たちはスイムが終えるとすぎさまシャツやランニングシューズを着衣して遊歩道やながはま特設一が開催されている同公園内を疾走。来場者から盛んな声援を送られました。

■全国で9回シリーズの第3戦 日本国際オープンウォータースイミング協会主催のアクアスロン大会は4月21日(沖縄)から10月14日(東京)まで全国で9戦あり、南熱海は第3戦。同協会は毎年、夕景を楽しむマラソン大会「夕空絶景マラソン」を開催。スポーツを通じた熱海の誘客に取り組んでいます。

5/16 ジャカランダつぼみ増加


5/16(木)、東海岸町~渚町のジャカランダの開花状況を見てきました。
親水公園前の高木(全26本中)15本、ジャカランダ遊歩道の高木(全6本中)3本、幼木(約100本中)約55本につぼみが確認できました。前回5/7に確認した時よりつぼみの量も増えていました。
ただ、つぼみはまだ小さいので、開花までもう少し時間がかかりそうです。(開花が始まっても見頃になるまで2週間前後かかります)

大湯間歇泉、修景工事が完了 江戸時代の名所案内記「熱海温泉図彙」風に



熱海市がさらなる誘客に整備を進めてきた世界三大間欠泉「大湯間歇欠泉」の改修工事が完了しました。江戸時代後期の戯作者・山東京山(さんとうきょうざん)が、熱海温泉に入湯した時の見聞をもとにして書き上げた名所案内記「熱海温泉図彙(ずい)」の絵図に基づいて、モディファイ。松の木を植栽し、間欠泉の背後に見えたホテルの窓や外壁を格子状の木製フェンスで覆い、観光名所の価値を一段と高めています。

敷地内に建つ、「日本初の公衆電話」を復元した六角形の電話ボックスもリニューアルし、インスタ映えするスポットにバージョンアップしました。
 熱海市では、1885(明治18)年、大湯間歇泉に内務省噏滊館(きゅうきかん)と呼ばれる日本で初めて温泉を使った療養施設がつくられた。新政府要人、政治家、財界人が会談や保養のために熱海入りすることが増え、頻繁に東京への連絡が必要になったことから、1889(明治22)年に日本初の公衆用電話回線が敷かれました。
この白塗り六角形の公衆電話ボックスは、1900年(明治33)に東京・京橋に設置されたものを復元して設置したもので、現在も現役で活躍しています。

伊豆・三津シーパラダイス


目の前に広がる駿河湾の海越しに
世界遺産“富士山”を望むこの地で
日本のイルカ飼育が始まりました。

現在の伊豆・三津シーパラダイスの前身「中之島水族館」において
バンドウイルカが日本で初めて飼育されたのは、
今から80年以上もさかのぼった、1930年(昭和5年)のことでした。

その後、ジンベエザメやミンククジラの飼育も行い、
世界的にも貴重な実績を残してきました。

1977年(昭和52年)には 「伊豆・三津シーパラダイス」として生まれ変わり、
セイウチやラッコの飼育も日本で初めて手がけました。

動物たちの素晴らしい能力を伝えるため、ショー・パフォーマンスをはじめ、
移動水族館や学校教育機関へ足を運んでおこなうレクチャーなど
教育活動にも力を入れています。

6/1~9 ほたる観賞の夕べのご案内


3月に放流した蛍の幼虫が今月下旬から6月にかけて成虫となり、初夏の夜、幻想的な光を楽しむことができます。
静かな熱海梅園内の初川清流に蛍が乱舞する様はまるで幻想の世界にいるよう・・・
6/1(土)~9(日)「ほたる観賞の夕べ」期間中は、梅園入口から観賞スポットまで足元の誘導灯を設置しますので、ぜひお出かけ下さい。
6/1(土)・2(日)には隣接する「澤田政廣記念美術館」で夜間特別開館(18:00~21:00)も行われます!

新緑に富士山とツツジ 熱海市郊外の十国峠、ハイカーが続々


熱海市と函南町にまたがる十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)の線路際や「十国登り口駅」入り口横でツツジが見ごろを迎えました。サツキも咲き出し、行楽客の目を楽しませています。
 ケーブルカーは、十国峠レストハウス2階にある「十国登り口駅」と展望台のある山頂の「十国峠駅」を316mを約3分で結び、頂上では、晴れ渡った日は御覧のような富士山の眺望が目の前に広がります。南アルプスや駿河湾、湘南海岸や三浦半島、横浜、東京まで「十国」が一望できます。
新緑の季節を迎え、源実朝の歌碑がある日金山(ひがねさん)の「芝生広場」へ続く散策路も多くのハイカーや遠足の子供たちで賑わっている清々しい季節となりました。

■十国峠 昔の国名で「伊豆」「駿河」「遠江」「甲斐」「信濃」「相模」「武蔵」「上総」「下総」「安房」の十の国がここから見渡せたことに由来。現在の静岡県・山梨県・長野県・神奈川県・東京都・千葉県。

5/25-26 南熱海お宿グルメフェスタ


5/25-26 「貝まつり」お宿グルメフェスタ
平鶴では「貝づくし握り鮨」「アワビ味噌チーズ焼き」「つぶ貝串焼き」などをご用意いたします。
このイベントは南熱海綱代温泉旅館組合加盟施設の板前さんが作る絶品料理を味わっていただけるイベントです。
開催ごとのテーマにそった板前さんによるオリジナルメニューが味わえます。海の幸をいかした美味しいメニューが並びますので、ぜひお気軽にご来場ください!

ジャカランダつぼみ確認


東海岸町のジャカランダ遊歩道(お宮緑地)~親水公園間、約800メートルに植栽している「ジャカランダ」。
幼木(背丈位の高さ)約110本、高木(幼木以外)32本あるうち、幼木約40本、高木7本につぼみ出ているのが確認できました。
つぼみの確認日としては例年並みですが、今後、開花や見頃時期などは気候に左右されますので、その都度、お伝えします。

5/11 熱海海上花火大会


 5月11日(土)に開催する、熱海海上花火大会は、1952年(昭和27年)にはじまった歴史ある花火大会。夏だけではなく年間を通して10回以上も開催されている熱海名物です。会場である熱海湾は、3面を山に囲まれた「すり鉢」状の地形のため、海で上げる花火の音が反響し、 大きなスタジアムのような音響効果があり、花火業者さんも絶賛する日本一の花火打上会場です。 夜空に広がる花火や、水面に映る花火、そして、フィナーレを飾る「大空中ナイアガラ」の美しさは、瞬きを忘れるほど!心にずっと残る思い出ができる、熱海ならではのイベントです。

Copyright (C) 2004- 伊豆の旅館|磯料理 湯の宿 平鶴 All Rights Reserved.