ようこそ 伊豆の旅館なら平鶴

ブログ 平鶴のお得な情報をお届けします

ご宿泊料金とご予約はこちらをクリック

第8回あたみ桜糸川桜まつり

72A1834EE7788693DA3B5C0E2D6396C1

日本で最も早咲きの桜

開催期間 1月20日より2月11日まで

市内中心部を流れる糸川にて早咲きの「あたみ桜」をお楽しみください。

<開花状況>
1/19現在
・糸川沿い(全58本)58本開花 →3.69分咲き (木により1分咲き~見頃)

桜まつり期間中は、ライトアップ、桜茶・お茶のサービス、大道芸、バンド演奏などを実施予定です。

3/31迄「熱海花めぐり2017フォトコンテスト」も実施していますので、ぜひカメラ持参でお出かけ下さい!

49E82CDE627FEF7FF81ED9F7A05B10FA

1218sakura1

image

第76回尾崎紅葉祭

0117ozaki5(2)

明治30年に読売新聞で発表され、明治の時代に多くの読者を魅了した尾崎紅葉の名作「金色夜叉」(こんじきやしゃ)。
許婚の関係にあった間貫一(はざまかんいち)と鴫沢宮(しぎさわみや)。 しかし、両親の勧めに従って実業家に嫁ごうとする宮と、これを裏切りと感じた貫一は、1月17日の月の夜、熱海の海岸で泣く泣く別れることになりました。(それがいわゆる「熱海海岸の場」であり、二人の傍らにあった松が「お宮の松」として有名になり、全国から多くの観光客が「お宮の松」を見に来るようになりました。)
その後、貫一は金持ちに嫁いだ宮を見返すかのように金儲けに明け暮れ、宮は貫一を裏切ったとの想いから心を病んだのです。

現在のドラマのように、二人の行く末を案じて世間は熱狂し、 切ない別れの舞台となった熱海海岸は憧れの観光地となりました。 そして現在まで何度となく映画化、映像化されました。
このように日本中の人々が、熱海の名を知るきっかけとなった「金色夜叉」の作者である 尾崎紅葉の偉業をたたえ遺徳を偲び、毎年1月17日に「尾崎紅葉祭・紅葉筆塚祭」を開催しています。

2018年1月17日(水)本日のスケジュールは下記のとおりです。それぞれ時間・会場が異なりますのでご注意ください。

【紅葉筆塚祭】 主催/筆塚保存会 「湯宿一番地」前にて(※雨天の場合は「仲見世アーケード」内にて)
11:00~ 関係者による神事
11:30~ 講談「金色夜叉」
問合せ/同保存会(「湯宿一番地」榛葉様)電話0557-81-3651

【貫一・お宮鍋の振る舞い】  主催/仲見世振興会
11:30~無くなり次第終了 熱海駅前仲見世商店街にて

【尾崎紅葉祭】 主催/熱海市 →雨天予報のため「起雲閣」音楽サロンに変更されました
13:00~
・主催・来賓・遺族代表による挨拶
・尾崎紅葉資料の寄贈
・献花
・熱海芸妓による舞踊「金色夜叉」(貫一お宮泣き別れ名場面)
・二宮さよ子さんによる「金色夜叉」語り

84C879D3AED88E8907D001A8987200B5

EA1445C9D0EB6A72DCD34D8B30D05E73

F4284E57D30DDD132E53DA5E481FCB2A

梅園で楽しむ「新春梅見落語会」

wn_img1

熱海梅園梅まつり期間中の日曜日には、園内「香林亭」にて「新春梅見落語会」を開演しています。
下記のとおり、日によって出演者が変わり、プロの話芸で楽しいひとときをお過ごしいただけます。

1/21(日)柳家小太郎さん
1/28(日)春風亭朝之助さん
2/4(日)柳家さん光さん
2/11(日祝)入船亭小辰さん
2/18(日)柳家さん光さん
2/25(日)春風亭朝之助さん
3/4(日)柳家ほたるさん
全日とも11時からと13時からの2回公演となりますので、ぜひ観梅にお越しの際には落語もお楽しみください。
(定員50名:お一人200円)

image

image11

poster-30ume-sakura

1/26~国宝「紅白梅図屏風」展示

0129moa(1)

MOA美術館での日本美術の傑作とされる国宝「紅白梅図屏風」展示は下記の期間です!
●所蔵名品展 尾形光琳 国宝「紅白梅図屏風」 1/26(金)~3/13(火)

MOA美術館は、創立者・岡田茂吉が戦後蒐集したコレクションをもとに昭和57年に開館しました。
その内容は、日本・中国を中心とする絵画、書跡、彫刻、工芸等、多岐にわたり、国宝3点、重要文化財66点、重要美術品66点を含む約3500点で構成されています。
本展では、「紅白梅図屏風」をはじめ京焼の大成者・野々村仁清作「色絵藤花文茶壺」、三大手鑑の一つとして著名な手鑑「翰墨城」の3件の国宝の同時公開に加え、コレクションの各ジャンルを代表する名品が展示されます。ぜひこの機会に日本・東洋美術の精華を是非ご堪能ください。

71F3F63E61A8CCCEFBD5FFC3114B0085 B99E98A15F16927D2F39F93A7E8BB2E7 D303D0EAB473BDBD54D656465AEFEEEF image

今日から網代温泉ひもの祭り、焼きたてのアジの干物振る舞う 

himonomaturi01

網代温泉で1月13、14の両日、新春の「網代温泉ひもの祭り」を開催します。
日頃のご愛顧にお応えして、網代温泉観光協会の役員らが、そろいの法被姿で脂の乗ったアジの干物を炭火で手際よく焼き、観光客にふるまいます。2日間で5000枚を用意いたしました。
ひもの各種、網代イカメンチ、海産物、ミカン、間瀬の和菓子のほか、ふきのとうなどの春野菜も販売します。

13日は午前11時から午後3時、14日は午前10時から午後3時までです。

会場は網代駅近く、平鶴の目の前の大縄公園

問い合わせは☎0557-68-0136(網代温泉観光協会)

第28回 河津桜まつり

25353641_1966440507011078_3153876503172550315_n

平成30年2月10日(土)~3月10日(土) 開催
2018年の河津桜まつりは2月10日より開催します。
厳冬の中咲き誇る河津桜で一足早い春をお楽しみください!

毎年恒例の河津桜まつり
河津桜とは静岡県賀茂郡河津町にて毎年2月上旬から咲き始め3月上旬までの約1ヶ月に渡り咲く早咲きの桜です。花が大きくピンク色なのが特徴のこの桜は本州でも早咲きの種類に分類され開花の過程も楽しめます。花はカンヒザクラとオオシマザクラの自然交配と考えられてます。ここ河津町では昭和50年4月に河津町の木として認定されており毎年2月上旬より約1ヶ月間”河津桜まつり”を開催 多くのお花見客で賑わいます。

28ura genboku sakura

梅まつりレポート

0106koukan2

1/6(土)より、「第74回熱海梅園梅まつり」が開幕しました。
梅の開花状況ですが、全体的には一分咲未満です。全472本中、早咲き種が271本あり、そのうち118本が開花し始めています。(八重野梅、冬至梅、八重寒紅、新冬至など)梅の種類ではありませんが、黄色い「ロウバイ」や水仙、山茶花(さざんか)、梅に似た木瓜(ぼけ)なども咲いています。

熱海のミスは、昨年末に新たに選出された第30代ミス熱海梅の女王:増田玲未、ミス熱海梅娘:小森眞綾・杉崎真琴、ミス熱海桜娘:坂口莉果子・山崎早也香、5名全員揃って初のお披露目となりました。
ミスの挨拶の後は、熱海芸妓による舞踊披露がありました。演目は「熱海名所」「初出みよとて」「金色夜叉」「かんちろりん」「三下り甚句」、立方:紗都美さん・ほたるさん・小夏さん・琴千代さん・蘭さん、地方:露子さん・小いちさんがつとめ、梅まつりの開幕を華やかに飾りました。

その他、同日は園内「香林亭」にて柳家ほたるさんによる落語会、甘酒サービスも実施し、盛況でした。
初日より多くのお客様にご来園いただきました、ありがとうございました! 3/4(日)までの梅まつり期間中は、日曜祝日を中心に、芸妓連演芸会や落語会、大道芸、甘酒サービスなどの催しを実施しますので、ぜひ観梅にお越しください。

0106koukan3

0106ume2

img401s-697x1024

第28回 河津桜まつり

25353641_1966440507011078_3153876503172550315_n

平成30年2月10日(土)~3月10日(土) 開催!!
2018年の河津桜まつりは2月10日より開催
厳冬の中咲き誇る河津桜で一足早い春をお楽しみください!
毎年恒例の河津桜まつり開催
河津桜とは静岡県賀茂郡河津町にて毎年2月上旬から咲き始め3月上旬までの約1ヶ月に渡り咲く早咲きの桜です。花が大きくピンク色なのが特徴のこの桜は本州でも早咲きの種類に分類され開花の過程も楽しめます。花はカンヒザクラとオオシマザクラの自然交配と考えられてます。ここ河津町では昭和50年4月に河津町の木として認定されており毎年2月上旬より約1ヶ月間”河津桜まつり”を開催 多くのお花見客で賑わいます。

梅まつり1月6日開幕 熱海の春最大イベント/熱海梅園

img401s-697x1024

熱海の春の最大イベント「第74回梅まつり」が1月6日、熱海梅園で開幕します。熱海市観光協会の主催。初日は恒例の熱海・大島交歓会があり、第30代ミス熱海・梅の女王、同梅娘、同桜娘がお披露目され、伊豆大島(東京都大島町)のミス椿の女王、ミス大島と共に来園者を歓迎します。
ミス熱海の撮影会や甘酒無料サービスなども行う予定です。
梅まつり期間中の熱海梅園は、午前8時半~午後4時の入園が有料。一般300円(中学生以下無料)、市民と宿泊客は100円です。3月4日まで開催します。
■問い合わせは同市観光協会〈電0557(85)2222〉へ。
■イベント予定
熱海囃子笛伶会の演奏(1月6日)
将棋大会、飛龍高和太鼓演奏((1月14日)
熱海芸妓連による演芸会(1月28日、2月12日)
磐梯熱海温泉キャンペーン(2月11日)
伊豆総合高和太鼓演奏(2月17日)
熱海菓子商工業組合謝恩デー(2月18日)
熱海温泉ホテル旅館協同組合謝恩デー、囲碁大会(2月25日)
新春梅見落語会(1月6、7、14、21、28日、2月4、11、18、25日、3月4日)

fa37f65e3eae56edf83afcee49f6407c

年に1回「1時間だけ」ご開帳 運慶作「毘沙門天王像」/1月3日

244fcd985a954590dfc55bd74e32e6ce

21f2c5047d9cb5513dd94071cadf15ea

熱海市下多賀の小山毘沙門堂で1月3日早朝、「毘沙門天王像」がご開帳されます。鎌倉時代を代表する仏師運慶の作と伝えられる像で、ご開帳は年に1回、大祭が開かれる1月3日午前5時半から同6時半までの1時間だけとなります。富西寺の小野歓芳住職の読経とともに御簾(みす)が上げられと、右手に戟(げき)、左手に五重塔を持つ威厳と尊厳を兼ね備えた立像が現れ、参詣者たちは手を合わせ、家内安全、商売繁盛などを祈願します。
縁起物のだるまの販売もあり、夜明け前にもかかわらず、多くの人が毎年拝顔に訪れています。

■小山毘沙門堂 網代の漁師たちの大漁祈願の神として貞享2年(1685年)に再建。日蓮宗三島本覚寺の末寺最栄山富西寺に属し、信者たちが細々と管理してきたが、昭和50年に小山町毘沙門堂奉賛会(蒔田広康会長)が発足。以後、小山町内会(西島幹人会長)とともに組織的に運営している。

2-1024x683

1-1024x683

IMG_0265ss-1024x725

7e046525ca3d208943a5571efc8ef346-1024x683

edef688ac3afdd81e18923a3a9f27819-1024x704

Copyright (C) 2004- 伊豆の旅館|磯料理 湯の宿 平鶴 All Rights Reserved.