ようこそ 伊豆の旅館なら平鶴

ブログ 平鶴のお得な情報をお届けします

ご宿泊料金とご予約はこちらをクリック

第76回尾崎紅葉祭

0117ozaki5(2)

明治30年に読売新聞で発表され、明治の時代に多くの読者を魅了した尾崎紅葉の名作「金色夜叉」(こんじきやしゃ)。
許婚の関係にあった間貫一(はざまかんいち)と鴫沢宮(しぎさわみや)。 しかし、両親の勧めに従って実業家に嫁ごうとする宮と、これを裏切りと感じた貫一は、1月17日の月の夜、熱海の海岸で泣く泣く別れることになりました。(それがいわゆる「熱海海岸の場」であり、二人の傍らにあった松が「お宮の松」として有名になり、全国から多くの観光客が「お宮の松」を見に来るようになりました。)
その後、貫一は金持ちに嫁いだ宮を見返すかのように金儲けに明け暮れ、宮は貫一を裏切ったとの想いから心を病んだのです。

現在のドラマのように、二人の行く末を案じて世間は熱狂し、 切ない別れの舞台となった熱海海岸は憧れの観光地となりました。 そして現在まで何度となく映画化、映像化されました。
このように日本中の人々が、熱海の名を知るきっかけとなった「金色夜叉」の作者である 尾崎紅葉の偉業をたたえ遺徳を偲び、毎年1月17日に「尾崎紅葉祭・紅葉筆塚祭」を開催しています。

2018年1月17日(水)本日のスケジュールは下記のとおりです。それぞれ時間・会場が異なりますのでご注意ください。

【紅葉筆塚祭】 主催/筆塚保存会 「湯宿一番地」前にて(※雨天の場合は「仲見世アーケード」内にて)
11:00~ 関係者による神事
11:30~ 講談「金色夜叉」
問合せ/同保存会(「湯宿一番地」榛葉様)電話0557-81-3651

【貫一・お宮鍋の振る舞い】  主催/仲見世振興会
11:30~無くなり次第終了 熱海駅前仲見世商店街にて

【尾崎紅葉祭】 主催/熱海市 →雨天予報のため「起雲閣」音楽サロンに変更されました
13:00~
・主催・来賓・遺族代表による挨拶
・尾崎紅葉資料の寄贈
・献花
・熱海芸妓による舞踊「金色夜叉」(貫一お宮泣き別れ名場面)
・二宮さよ子さんによる「金色夜叉」語り

84C879D3AED88E8907D001A8987200B5

EA1445C9D0EB6A72DCD34D8B30D05E73

F4284E57D30DDD132E53DA5E481FCB2A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright (C) 2004- 伊豆の旅館|磯料理 湯の宿 平鶴 All Rights Reserved.