ようこそ 伊豆の旅館なら平鶴

ブログ 平鶴のお得な情報をお届けします

ご宿泊料金とご予約はこちらをクリック

例大祭の成功を祈願/来宮神社・宵宮祭


来宮神社例大祭が7月14日午後5時からの宵宮(よいみや)祭で幕を開けました。
「宵宮祭」は本祭の前夜に行われ、神霊が本祭のため本社に帰る還御祭にあたり、本祭と観光祭が無事奉仕できるよう祈念する祭事。本殿前で神々をお出迎えした後、本殿に入り、6人の神職がこがし祭りの由来にならって御神前に麦こがし、お神酒、百合根、ところ(山いも)、橙、鯛、大根、餅、果物などを奉仕。巫女が神楽を舞って神々をもてなしました。
神事では雨宮盛克宮司が祝詞を奏上したあと、若林正、犬養啓介、三宅範之、鈴木秀旺責任役員、芥川暉祭典委員長、吉田耕之助常任副委員長、渡辺修一宮神輿渡御実行委員長、川本数章厄年奉賛会奉賛会「来宮辰巳會(きのみやたつみかい)」会長らが玉ぐしを捧げ、例大祭の成功を祈念しました。
15日は宮神輿渡御があり、午前9時に宮出して熱海市街を渡御、午後3時に宮入りします。例大祭神事は午前11時から斎行され、鹿島踊り、神女神楽、浦安の舞を奉納します。
16日は御神幸行列巡行があり、午前9時50分に来宮神社を出発。午後3時40分に宮入り。御鳳輦(ごほうれん)の浜降り神事は、同日正午過ぎに熱海サンビーチで行われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright (C) 2004- 伊豆の旅館|磯料理 湯の宿 平鶴 All Rights Reserved.