ようこそ 伊豆の旅館なら平鶴

ブログ 平鶴のお得な情報をお届けします

ご宿泊料金とご予約はこちらをクリック

【歌人・源実朝を偲ぶ「伊豆山歌会」】

izusan-utakai1_20120704080105.jpg
伊豆山神社では、毎年「仲秋の名月」の日に、現代歌壇の諸先生方を多数お招きして歌会を催しています。
「箱根路を我が越え来れば伊豆の海や沖の小島に波のよる見ゆ」の一首で知られる、鎌倉三代将軍で歌人の「源実朝」を偲ぶ毎年恒例の行事です。
今年は9/30(日)が仲秋の名月にあたり、下記スケジュールで歌会を開きます。
昼間は「起雲閣」にて歌会・講演・授賞式を、夜は伊豆山神社にて古式ゆかしい十五夜祭(現代歌壇で活躍する歌人による献歌、献奏、実朝の舞奉納ほか)を行います。
実朝に思いをはせ、ゆったりとした秋の夜を過ごしてはいかがでしょう。
izusan-utakai2_20120704080105.jpg
【第61回源実朝を偲ぶ 仲秋の名月 伊豆山歌会】 ※参加費無料
日程/9/30(日)
会場/起雲閣(歌会・講演・授賞式)→伊豆山神社(献歌ほか)
出席歌人/佐佐木幸綱・大下一真・水原紫苑・小島なお
出席献奏者/加藤登美緒(琴)、須藤英二(フルート)
●作品募集●
【1】郵送による投稿
下記①か②で投稿。
送付期限/平成24年8/24(金)必着。※小・中・高の送付期限は、平成24年7/20(金)必着。
宛先/〒413-8550 熱海市中央町1-1熱海市役所 文化交流課「伊豆山歌会」係
①一般の部
 演題は自由。用紙(縦25㎝×横4㎝の白紙)1枚に一首。一人二首以内。
 楷書にて、表に縦書きで短歌を記入し、裏に住所・氏名・電話番号を明記。
 規定サイズ以外は受付できません。投稿無料。封書にて送付。
 投稿後の短歌の変更はできません。
②ジュニアの部
 小学生・中学生・高校生を対象とします。
 募集内容は上記一般の部と同じ。
 ジュニアの部は、裏に住所・氏名・電話番号及び学校名・学年を記入のこと。
【2】当日投稿
 平成24年9/30(日)熱海「起雲閣」にて12:00~13:00受付。歌題自由・投稿無料です。
 受付用紙一枚に一首。一人二首以内。
 楷書にて、表に短歌を記入し、裏に住所・氏名・電話番号を明記。
●9/30(日)スケジュール●
12:00~13:00  受付「起雲閣」(熱海市昭和町4-2)
13:15~13:45  講演 大下一真先生
14:30~17:00  授賞式・講評
18:30~20:00  「伊豆山神社」にて献歌・献奏ほか
●投稿料及び参加費●
無料。投稿されない方でも参加できます。
※起雲閣の見学を希望される場合は、別途入館料が必要です。
●アクセス●
起雲閣
 →熱海駅から徒歩約20分
 →熱海駅より「紅葉ヶ丘・ひばりヶ丘」行きバスにて「天神町」下車、徒歩1分
 →熱海駅より「梅園・相の原団地」行きバスにて「起雲閣前」下車すぐ
伊豆山神社
 →熱海駅より「七尾方面」行きバスにて「伊豆山神社」下車すぐ
問合せ/熱海市文化交流課 電話0557-86-6233 
izusanjinja_20120704080106.jpg
izusan-utakai3.jpg

“【歌人・源実朝を偲ぶ「伊豆山歌会」】” への 1 件のフィードバック

  1. まとめtyaiました【【歌人・源実朝を偲ぶ「伊豆山歌会」】】

    伊豆山神社では、毎年「仲秋の名月」の日に、現代歌壇の諸先生方を多数お招きして歌会を催しています。 「箱根路を我が越え来れば伊豆の海や沖の小島に波のよる見ゆ」の一首で知ら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright (C) 2004- 伊豆の旅館|磯料理 湯の宿 平鶴 All Rights Reserved.