ようこそ 伊豆の旅館なら平鶴

ブログ 平鶴のお得な情報をお届けします

ご宿泊料金とご予約はこちらをクリック

お得な「熱海発見クーポン」


とってもお得だと好評の「熱海発見クーポン」。
有効期限2019年9/30まで使用可。下記の2種類を販売しています。

・「MOA美術館」+「アカオハーブ&ローズガーデン」+「湯~遊~バス」一日券→2500円
・「熱海城」+「アカオハーブ&ローズガーデン」+「湯~遊~バス」一日券→2100円

利用期間内であれば、1か所ごと、日にちを分けても利用できます。
さらに、まちなかのスイーツ店の特典つき!
リピーターさんにも嬉しいクーポンです♪

1/27~3/24 伊豆大島椿まつり


 1/27(日)~3/24(日)の間、大島町最大の観光行事「第64回伊豆大島椿まつり」が開催されます。
メイン会場「大島公園」の約5,000本のやぶ椿をはじめ、島内には約300万本の椿があり、この時期に見頃を迎えます。
1/27(日)は大島町役場周辺にて、大島と友好都市の関係者・ミスが出席し開会式が行われ、熱海からはミス熱海梅の女王:増田玲美が参加します(^^)/
その他、椿まつり期間中は、大島民謡やあんこの手踊りなどの郷土芸能、ジオロゲイニング大会、マラソン大会、磯釣り大会、椿の女王コンテスト、椿の女王&ミス大島撮影会、椿の花びら染め体験教室など様々な催しが予定されています。
大島は熱海から高速ジェット船でたった45分。日帰りもできる距離です。ぜひこの機会に、自然いっぱいの伊豆大島で美しい椿をお楽しみ下さい。
【第64回伊豆大島椿まつり】
日程/1/27(日)~3/24(日)
問合せ(観光)大島観光協会04992-2-2177 http://www.izu-oshima.or.jp/
問合せ(船)東海汽船熱海支店0557-82-2131 http://www.tokaikisen.co.jp/

来宮神社に阿波踊り奉納 「 連」結成10周年、参拝客が盛んな拍手


 糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛克宮司による「奉納報告式」神事に続いて、境内で阿波踊りを奉納しました。
「連の結成10周年を記念して奉納させていただいた。神奈川県内にも著名神社がいくつもあるが、全会一致で来宮神社がいいと。会員の中に熱海の方がおり、うちの連は全員が熱海ファン」と伊藤弘美連長。「来宮神社には、芸能の神として知られる来宮弁財天も祀られており、湘南なぎさ連のさらなる芸事の上達を祈願しました」と廣田健二会長。
参拝者たちは、サプライズの阿波踊りの奉納を取り囲むように熱心に見入り、盛んな拍手を送っっていました。

お宮の松で「金色夜叉」別れの名場面を再現/尾崎紅葉祭


「お宮の松」がある熱海市東海岸町の「貫一・お宮の像」の前で1月17日、「尾崎紅葉祭」(熱海市主催)のハイライトとなる熱海芸妓による寸劇が行われました。小説「金色夜叉」でおなじみの「熱海の海岸…散歩して…」の小唄が流れる中、貫一が失恋の怒りからお宮を下駄で蹴り飛ばし、お宮が「涙で今月今夜の月を曇らせる」とほおを濡らす「熱海海岸の場面」を再現しました。
 およそ170人の観衆が見守る中、77回目の今年は貫一役を琴千代さん、お宮役を蘭さんが演じました。
 熱海芸妓による貫一・お宮の寸劇は昭和30年代から演じられるようになり、尾崎紅葉祭の名を全国に高めるとともに毎年市民や観光客を楽しませています。同祭は小説で泣き別れの場面として登場する1月17日に開かれています。
式典では市長、市議会議長議長、県議、熱海市観光協会会長に続いて、遺族を代表して孫の尾崎伊策さんが挨拶。関係者が献花しました。貫一、お宮との記念撮影も行われ、観光客らが記念写真を楽しんでいました。
■新聞小説 金色夜叉は明治30年1月1日から同35年5月11日まで読売新聞に連載され、熱海の名を全国に知らしめました。
■今年で77回目 尾崎紅葉祭は昭和14年1月17日が第1回(熱海文芸懇談会主催)。翌年から熱海市主催に代わり、今年が77回目(戦時中の昭和17~20年は中止)

1/13・14梅まつりレポート(和太鼓・腹話術・大道芸)


「第75回熱海梅園梅まつり」開催中!先週末も様々なイベントを実施し、多くのお客様にお越しいただきました。
1/13(日)は、飛龍高校和太鼓演奏・新春梅見落語会を、1/14(月祝)には腹話術を、そして両日とも大道芸・ミス熱海撮影会を実施しました。
園内には59品種:472本の梅がありますが、全体では二分咲くらいです。梅の種類ではありませんが、黄色いロウバイも綺麗に咲いています。

1/13にはミス熱海梅の女王:増田玲未、桜娘:山﨑早也香、1/14は梅の女王:増田、梅娘:小森眞綾が参加し、甘酒サービスや、お客様との記念撮影を楽しみました。

3/3(日)までの梅まつり期間中は、日曜・祝日を中心に、 甘酒無料サービス・芸妓連演芸会・新春梅見落語会など様々な催しを実施します。ぜひ皆さんお誘いあわせの上、日本一早咲きと言われる梅を見に来て下さい♪

河津桜まつり 2019


毎年一足はやい春の訪れを感じにたくさんの人が集まる人気の河津桜まつり

2019年も2月10日(日)~3月10日(日)で開催されます。

河津桜発祥の地、伊豆の河津町では町内に約8,000本、河津川沿い約4kmに約850本の河津桜が植えられています。見頃時期になると河畔がピンク色に染まる景色は絶景。夜には夜桜ライトアップも行われます。桜まつり期間中は、様々なイベントが開催されており、地場産品の販売やミス伊豆の踊り子との記念撮影などが楽しめます。

日程
2019年2月10日(日)~3月10日(日)
場所
静岡県賀茂郡河津町 河津川周辺
イベントスケジュール
桜並木・名木のライトアップ / 2月20日~3月3日18:00~21:00
伊豆の踊り子との記念撮影 / 土日祝のみ10:00~15:00 ほか

13日、南熱海4地区で「どんどん焼き」


 新春の熱海の風物詩「どんどん焼き」が1月13日午前、市内各地区で開催されました。正月にかかげられたしめ飾り、門松、お札、ダルマなどを焚き上げる伝統行事で、どんどん焼きの火で焼いた団子を食べると風邪をひかないと言い伝えられています。
南熱海では中野、上多賀、下多賀、和田木(大縄海岸、同)の各地区で開催します。網代は一足早く7日に開催しました。

和田木町内会が大繩海岸で行うどんど焼きはいつも見事な「おんべ竹」です。

このほか13日は、和田町内会(八幡神社)、連合町内会中部部会(熱海サンビーチ)、伊豆山・七尾地区、泉地区(泉公園、同)がどんどん焼きを行いました。

あたみ桜・糸川桜まつり、熱海芸妓「さくらの舞」で開幕


熱海市の糸川遊歩道で1月12日、第9回「あたみ桜・糸川桜まつり」(熱海市観光協会主催)が開幕しました。糸川の沿道に植えられた58本のあたみ桜の37本が開花し、可憐なピンクの花が観光客や市民をもてなしています。今年は例年より1週間前倒して開催したことから、まだ1分咲きだが、間もなく見頃を迎えるところです。
 舞台では、オープニングを記念して熱海芸妓の美保さん、小夏さん、静さん、琴千代さんがあたみ桜を背景に「越後獅子」「さくらさくら」「熱海とろりこ」「梅まつりの唄」「元禄花見踊り」「三下がり甚句」の6演目を披露しました。続いて地元の人気おやじバンド・糸川ベンチャーズが「パイプライン」などのベンチャーズナンバーを響かせました。

1/13・14 網代ひもの祭り


1/13(日)・14(月祝)、南熱海地区の大繩公園にて「網代温泉ひもの祭り」が開催されます。
天日干しの脂ののったアジの干物を炭火で焼き来場者(各日2500名)に振舞うほか、農家直送の野菜、サザエのつぼやき・焼き蛤・イカの塩辛、イカメンチ、焼きそば、サザエ飯、地場産の材料で作った各種汁物等が販売されます。
網代の美味しい干物を味わいに来て下さいね。

Copyright (C) 2004- 伊豆の旅館|磯料理 湯の宿 平鶴 All Rights Reserved.